賃貸物件を探すその前に

物件を探す際のポイント~賃貸サイトを利用する場合~

物件の探し方は主に3種類あります。
(1)賃貸サイトで検索する
(2)賃貸雑誌・フリーペーパーで探す
(3)信頼できると思う不動産屋を直接訪ねる

今回は主に(1)に絞って書かせていただきます。
賃貸サイトで検索するメリットは、希望の条件を選択して、その条件にかなう物件を一発検索できることです。
例えば、2階以上の物件、洗濯機の中置き、バス・トイレ別々などです。
大切なのは、こうした条件すべてを検索条件に入れると、ヒットする件数がかなり絞られてしまうことです。
そこでもう一度よく考えてみます。
本当に自分が必要としているのはどれだろう?
「あったらいいな」だけで条件に含めていないだろうか?などです。
たとえば、毎日シャワーしか浴びない人が「浴室追い焚き機能付き」の物件を条件に入れたとしても、利用頻度が少ないのなら、あまり必要ないかもしれません。
または、インターフォン付きの物件を希望していても、普段ほとんど来客がないのなら、その条件は外して考えることもできます。
生活するうえで必須条件を選び抜くことが大切です。

もう一つ大切なのは立地です。
生活騒音が気になる方なら、繁華街や主要道路の近くはお勧めできません。
毎日残業という方なら、会社の近くあるいは駅近くの物件から検討できます。
最近はペット飼育可能な物件も増えていますので、アレルギーをお持ちの方は、こうした物件は避けるのが無難だと思います。
立地という面では、生活環境も大切です。
コンビニをよく利用される方なら、生活動線にコンビニが含まれていたほうが便利ですし、
できるだけ安く食材を入手されたいなら、商店街やスーパーが近隣にある物件を探すと良いでしょう。
お子さんをお持ちの方なら、学校までの距離は気になるところです。
未就学児を育てておられる方なら、その市町村に保育所はどのくらいあるのか、あらかじめ調べておくべきだと思います。
実際多くのサイトは、その物件が存在する市町村の生活環境情報をまとめていますので、そうした情報を参考にすることもできます。
こうした情報は、検索サイトの物件情報に含まれている場合も多いですし、実際に物件をご覧になる際、近隣の環境も調査できます。

条件にかなった物件を見つけたなら、サイトを通して見学を申し出ることができます。
その際、条件や自分の状況について簡単に説明しておくなら、見学の際に貴重な情報を教えていただけたり、
その不動産屋が所有している、条件に合った別の物件を紹介して頂ける可能性もあります。

まとめると、大切なのは「妥協していいところと妥協してはいけないところを見極める」ことだと思います。
自分の生活に一番必要なのは何か?それをよく考えて、物件を探されることをお勧めします。

  • 物件を探す際のポイント~賃貸サイトを利用する場合~
  • 賃貸物件を探す時期について
  • 立地も間取りも賃貸料も妥協せずに
  • 賃貸で気になる騒音
  • 納得出来る賃貸の選び方
  • 賃貸の探し方と物件以外に見ておくこと