賃貸物件を探すその前に

賃貸で気になる騒音

世の中に賃貸物件は大量に存在します。山ほどある物件を選ぶ上で重要なことといえば、まず家賃、立地、間取りといったところではないでしょうか。これらは数字で分かりやすいので、まず間違いなく決めることができる要素です。しかし、いざ暮らしてみると、トラブルの原因として最も多いのが騒音。とくにアパートのような物件となると、壁一枚隔てた隣は他所の家です。どんな音がやってくるのか、住んでみなければ答えは分かりません。まさに数字に表れない重要な要素です。
と言っても、音の問題については、ある程度は事前に見当をつけることはできます。建物の材質ですね。RC,SRC構造といった建物であれば、程度の差こそあれども、一定の防音性はあると考えてよいでしょう。対照的に音が響きやすいのが、軽量鉄骨構造の家です。木造も防音性が疑問、と思われる方もいらっしゃると思いますが、必ずしも防音性が低いと言うわけではありません。壁の材質がどれだけしっかりしているかで、これらの構造物は防音性が左右されると考えてよいでしょう。それを確かめるには、しっかりと現地で内覧をすることです。
できれば、隣家の家族構成も調べたほうが良いでしょう。お子様連れの家族がお住まいの場合、子供のはしゃぎ声がものすごいことがあります。どんな防音設備でも厳しいです。
不動産屋さんは、内覧時には窓を開けますよね。でもそこは断って閉じてもらいましょう。その状態で聞こえてくる音が日常生活に近い音となります。
ちなみに不動産屋さんに、周囲の音について詳しく聞いたとしても、恐らく「防音設計基準を満たしている建物です」という答えが返ってくるだけだと思います。実際その通りですし、どの程度の音まで許容できるかは人それぞれですから、この点については、まさに自分の耳で確かめるしかないところです。
さて、いざ実際に引っ越して生活が始まったとします。隣家の生活音は許容範囲であっても、周囲の別の建物で、壁面の工事が始まってしまい、日中、とってもうるさい、なんてことも良くある話です。
この例で言えば、壁の防音性は問題ではなく、窓の防音性の問題になります。こればかりは内覧時に分かるものではありませんが、工事が終わるまで我慢するか、あるいは予算があれば、防音カーテンを購入して、騒音を軽減するのが良いでしょう。
騒音が原因でご近所トラブル、という話は、本当によく聞きます。お互いの平和のため、内覧時には、防音性によく注視することをお勧めします。
  • 物件を探す際のポイント~賃貸サイトを利用する場合~
  • 賃貸物件を探す時期について
  • 立地も間取りも賃貸料も妥協せずに
  • 賃貸で気になる騒音
  • 納得出来る賃貸の選び方
  • 賃貸の探し方と物件以外に見ておくこと