賃貸物件を探すその前に

賃貸の探し方と物件以外に見ておくこと

住居というのは非常に重要なものです。
それは生活の拠点であるので、部屋探しには慎重になる必要があります。
賃貸ですと気に入らなければすぐに引っ越せばいいと感じる方も多くいますが、引っ越しは意外と大変なものです。
費用も多く掛かってくるので、賃貸を住む場合にも事前調査というのを慎重に進めて行くことが大事です。

まずは近くに住む住民がどのような人かを知っておくことが重要なことです。
マンションは一軒家に比べて隣が隣接していて、上にも下にも住民がいます。
そこでは騒音、異臭といったことを調べておきます。
音というのは日中もそうですが、寝る時などに気になるものですので、色々な時間に見にいきます。
夜にバイクや車を発進させたり、エンジンをふかすと眠りの妨げにもなったりするので、調査をしておく必要があります。
更に異臭の面は近隣のタバコの喫煙状況です。
最近は家族が居ると家の中では吸えないケースが多く、自宅のベランダで吸っている事が多くなっています。
その吸っている煙というのは、近隣にも影響を与えるもので、干していた洗濯物や布団に臭いが移ってしまう事もあります。
マンションなどの賃貸ではベランダは一面にしかないので、そういうのが嫌であれば色々な時に行って確認することが重要です。

そして次に住む賃貸を決めたら、生活環境の再現をします。
会社や学校に行く時を想定して、家から日常生活通りに行ってみます。
遅刻などをせずに正常通り行くことが出来るか、そして電車や車での移動が苦痛でないかを知っておきます。
電車であれば都心なら満員電車である事も多く、立っている環境というのが辛いものではないか、実際に体験する事で分かる事もあります。
車の場合には、通勤ラッシュによって道路が渋滞しているケースというのがあります。
日中や土日などならスムーズに10分程度で行ける所を、朝の時間帯だけは渋滞の影響で30分ということも珍しくありません。
更に帰り道も同時に調べておくこともしておきましょう。
夜は昼とは違った街並みが広がってきますので、違いを経験しておきます。
夜道は暗いですので、一人で帰ってくる時に恐怖心などが芽生えてこないかというのを確認します。
街灯はしっかりとあるか、安全性や人通りといったものを見て、しっかりと帰り道は確保しておきましょう。

生活の拠点は物件だけでなく、生活を通常に行えるということが重要ですので、物件や間取りだけを見るのではなく、実際に行動することで良い物件を探すことが出来ます。

  • 物件を探す際のポイント~賃貸サイトを利用する場合~
  • 賃貸物件を探す時期について
  • 立地も間取りも賃貸料も妥協せずに
  • 賃貸で気になる騒音
  • 納得出来る賃貸の選び方
  • 賃貸の探し方と物件以外に見ておくこと